フェルデンクライスとは

フェルデンクライスとは

  • 物理学者モーシェ・フェルデンクライス(1904年~1984年)が、考案し体系化したメソッド。
  • 治る可能性は50%、一生車椅子の可能性もあると医師に宣告された自分自身の膝を研究のために用いて、
  • 物理学をはじめ、神経学、解剖学、生態学、人間の動きの発達について研究と実験の後、
  • 脳と神経システムの自然な力を活性化することによって体を改善する方法を開発し、
  • 歩く能力を再構築することに成功しました。
  • また、現代柔道の創始者である嘉納治五郎にも出会い、
  • 外国人として初めての黒帯保持者のひとりとなり(1936年)
  • 指導者としてヨーロッパに柔道を紹介した人でもあります。
  • メソッドとして確立されたのは、1940年代。
  • それ以来、スポーツの分野だけでなく、医療・芸術・教育の分野でも高い評価を受け、
  • 世界中にメソッドが普及していきました。
  • 「不可能を可能に
  • 可能なことをより簡単に
  • 簡単なことをより優雅に」 ~モーシェ・フェルデンクライス~
  • カラダをさまざまな動きを通じて脳の神経システムに働きかけ、
  • 脳を活性化し、その人のもっている潜在的な能力を引き出す学習システムです。
  • 痛みは、ほとんどの場合、筋肉の緊張や使い過ぎ、不適切な姿勢が原因となって起こります。
  • 筋肉を必要以上に使うことが無意識のうちに習慣になっていたり、
  • 使われていない筋肉が収縮し続けていることによって、筋肉の緊張が増大します。
  • 筋肉の緊張を取り、習慣的なパターンを変えたりして、柔軟で動きやすいカラダを手に入れましょう。
  • 一般的な筋肉の反復トレーニングではなく、
  • 脳の神経システムに働きかけ、しなやかに優雅に動けることを学んでいきます。
  • どう動くのが楽かは人によって違うので、動き方は人それぞれ、バラバラでいい。
  • 「その人にとって、いちばん楽な動き方」を脳に気付かせていきます。
  • ゆっくりと自分の感覚を大事にしていくことで、大きな変化が期待できます !!
  • 長時間の歩行、作業などが可能になり、効率も上がります。
  • カラダが楽になると、気持ちも変化していきます。
  • 生涯を通じて自らの学習能力を開発し、自己イメージが高まれば、
  • 手が届かないと思っていた夢やゴールに達することが出来るのです。
  • 楽で快適な生活を送り、豊かな人生を過ごしていきましょう。