プロレス参戦情報

2017年10月14日(土)新木場1st RING 【開場 18:00 開始 18:30】 【 半蔵門プロレス 】


2017年10月22日(日)大阪・コミニュティープラザ平野 【開場 13:00 開始 13:30】 【 豊田真奈美選手自主興行 】


2017年10月27日(金)新宿FACE 【開場 17:15 開始 18:00】 【 全女 AGAIN & AGAIN 】


2017年11月19日(日)新宿FACE 【開場 11:30 開始 12:00】 【 吉田万里子プロレス引退興行 】

ヒストリー

★1995年
アントニオ猪木率いる北朝鮮
「平和のための平壌国際体育・文化祝典」出場
アントニオ猪木、モハメッド・アリ、ブル中野、北斗晶、豊田真奈美、吉田万里子

女子プロレス1 女子プロレス2

★2006年
CAULIFLOWER ARRAY CLUB で FUTURE LEGEND 賞 受賞
ザ・デストロイヤー、ミル・マスカラス、ハーリー・レイス、吉田万里子

女子プロレス3 女子プロレス4 女子プロレス5

女子プロレスラー吉田万里子



女子プロレスラー

女子プロレス1 女子プロレス2

■1988年、全日本女子プロレスに入団。 翌年メキシコに短期遠征し、グラン・アパッチェの下でルチャリブレの技術を学んだ。帰国後、三角跳びプランチャなどの「マリポーサ殺法」と呼ばれた高度な空中技で注目され「好感度No.1」の評価を得た。
■1992年10月、頸椎損傷により1年10か月に及ぶ長期欠場を強いられる。 この間にUWFインターナショナルの試合を観戦したのがきっかけで、空中技主体から関節技主体へファイトスタイルを変えることを決意。

1994年8月に復帰。1997年2月6日にレディ・アパッチェを破りCMLL世界女子王座を奪取。

女子プロレス3 女子プロレス4

女子プロレス5 女子プロレス6

■1997年9月に全日本女子プロレス退社。アルシオン入団を機に空中技を封印。サブミッション・レスラーに転身。 アルシオンではアジャ・コングや浜田文子らを破ってシングルタイトル「クイーン・オブ・アルシオン」の初代王者に就き、サンビスト藤井惠との異種格闘技戦(2003年5月24日)を敢行。リング外でも選手会長などの要職に就いた。
■2005年の6月に初の主催興行「息吹」を開催。 「日々コツコツ努力している若い選手たちの息吹を感じて欲しい」と旗揚げ。 「息吹」のコンセプトは、「若手にチャンスを与える場」であり、自分の練習よりも若い選手に教える方を優先。

それぞれが一人前のレスラーとして成長をとげたことで役割を終えた「息吹」。 「次のステップに進むためにコンセプトから考え直す」と、4年8カ月続いた息吹の幕を下ろした。

女子プロレス7

女子プロレス8

■現在はオリジナル健康法「ハラオシ」の活動を優先しているため、試合出場は不定期となっている。